宍道湖SA


IMGP0822.JPG


宍道湖玉造温泉を望む、山陰自動車道の宍道湖SAです。

松江~出雲間を移動する際の休憩所として、よく利用されています。


IMGP0823.JPG


宍道湖を一望できる眺望が良いです。

お土産は、やはりシジミ関連の商品が人気ですね。


IMGP0824.JPG


ちなみに、施設の外観イメージを上り線・下り線で分けているそうです。

上り線は、松江城下り線は、出雲大社となっております。


ドライブには最適ですね!

香嵐渓


DSCN3831.JPG


豊田市足助に位置する、香嵐渓

巴川の清流に列する紅葉とカタクリの花で知られる渓谷です。


DSCN3820.JPG


香積寺というお寺の参道にカエデやスギを植えたのが始まりとされ、その後地元住民などによりカエデが足されていったことで遊歩道が整備され、現在に至っています。

約4000本のカエデが紅葉する様は、圧巻の美しさがあります。

特に待月橋からの景色が人気で、シーズン中は多くの人々で賑わっています。


DSCN3822.JPG


来月から香嵐渓もみじ祭りが開催されますよ!

東海地方屈指の紅葉スポットの絶景を思う存分堪能できます。


DSCN3823.JPG


また、現在放送されているサザエさんオープニング映像(秋編)には、この香嵐渓が登場しています!

オープニング映像で愛知の観光地が登場するのは、なんと14年ぶりだそうです。。


ということもあり、今回の香嵐渓もみじ祭りは例年以上の盛り上がりをみせるのではないでしょうか!

周辺には、夏焼温泉郷猿投温泉など宿泊施設も多々ありますよ。


紅葉の香嵐渓で、秋の旅情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

偕楽園


DSCN5578.JPG


水戸市に位置する日本三名園の一つ、偕楽園

第9代水戸藩主の徳川斉昭公が、衆と(とも)にしむ場として開しました。


DSCN5593.JPG


偕楽園の敷地面積はとてつもなく広く、都市公園としてニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位というほどのレベルです。。

そんな広大な園内には、四季折々の植物や竹林、そして約100種3,000本を誇る梅の木が植えられています。


偕楽園といえば、やはりですね!

毎年2月下旬~3月下旬にかけて行われる梅まつりの時期は特に大勢の人々が訪れています。


DSCN5604.JPG


その他見所も多く、梅林と好文亭をはじめ孟宗竹林・吐玉泉・大杉森・千波湖を望む見晴らし広場・正岡子規の句碑などがあります。

ゆっくり散策して見所をまわりましょう!


DSCN5591.JPG


また、あまり知られていないポイントとして、偕楽園「陰」と「陽」の世界観でエリア分けされてつくられていると云われています。

孟宗竹林・吐玉泉のエリアが「陰」で梅林・好文亭のエリアが「陽」ということですね!

そして偕楽園本来の姿を感じるためには、陰」から入り「陽」へと抜けるルートを散策していくことが良いとされています。


DSCN5615.JPG


日本三名園・世界第2位の面積を誇る都市公園・陰陽の世界観へ誘う園内―――。

偕楽園には、独特な魅力が溢れています。。