永昌寺トンネル


IMG_0659.JPG


将棋の駒に似た形が美しい、永昌寺トンネルです。

小湊鉄道 月崎駅からほど近い、県道172号沿いにひっそりと構えています。

トンネルが通じるこの道は、市原市の市道として先へ続いています。


IMG_0658.JPG


千葉県内の数ある素堀りトンネルにはそれぞれ特徴的な点がありますが、この永昌寺トンネル観音堀りの五角形が挙げられます。

説明板の通り、日本古来の掘削方法で築造されたトンネルですね!


まぁ、道幅はかなり狭いですが、、、軽かコンパクトカーでギリギリ通行できる感じです。


IMG_0660.JPG


しかし、訪れた日は通行止めになっていたので残念ながらトンネルを抜けることが出来ませんでした。。


ちなみにトンネルの先は、名称の由来である永昌寺や柿木台・飯給の集落を通って、里見駅近辺の県道まで繋がっています。

そしてこの道中には、柿木台第一・第二トンネルという、二つの素堀りトンネルも存在しております。



月崎トンネル


IMG_0630.JPG


林道月崎1号線に構える、月崎トンネル

ひんやりとした薄暗い森に覆われ、太古の遺跡のような神秘的な姿に魅力を感じるトンネルです。


IMG_0648.JPG


千葉県内でよく見かける素堀りトンネルですが、この月崎トンネルは間隔が短い二連のタイプとなっています。

もともと二連なのか、中央の天井部分が抜け落ちたのかよく分かりませんが、他の素堀りトンネルに比べて何だか神秘さが増しているような気がしますね。。


IMG_0638.JPG


やはり中央部分が抜けている感じが良いのでしょうか。。

角度によっては鍵穴のようにも見えます。


まぁ確かに、このポイントに車やバイク・自転車を置いてみたくなる気持ちは分かりますよ。。

さらに上から木漏れ日が差し込んでくるタイミングとバッチリ合ったりしたら、、、より良い雰囲気を楽しむことができますね!


IMG_0657.JPG


ただし車の場合、注意が必要です!

特に林道の始点からトンネルまでの道のりが危険です。

両サイドは崖と沢が続き、道幅も車一台分しかないので、対向車が来てしまったらアウトです。


一応トンネルの入口と出口付近に避けられるスペースがありますが、そこだけですね。

トンネル出口の先は通行不可なのでUターンで戻るしかないです。。



撮りTRIP 10


トンネル


DSCN5423.JPG

DSCN7470.JPG

DSCN6685.JPG

DSCN5949.JPG

DSCN6212.JPG

IMG_0651.JPG

IMG_0671.JPG


spot:亀岩の洞窟、鵜原理想郷、向山トンネル、燈籠坂大師切通し、月崎トンネル、柿木台第一トンネル