斎場御嶽


DSCN4419.JPG


琉球王国最高峰の聖地、斎場御嶽 せーふぁうたき です。


琉球開闢の神 アマミキヨ によってつくられた地。

今なお沖縄の人々にとっての大切な 拝所 がんじゅ として在り続けています。

聖域内には 六つのイビ(神域が配され、特に 大庫理 うふぐーい寄満 ゆいんち 三庫理 さんぐーい の三域は要の拝所であり、それぞれ首里城内にある建物や部屋と同じ名称が付いています。

琉球王国時代、首里城斎場御嶽の間には深い関係性があったことを示していますね。


他にも重要なポイントとしては、久高島聞得大君 きこえおおきみ東御廻り あがりうまーい が挙げられます。

久高島は、天から舞い降りたアマミキヨが最初につくったという神の島です。

聞得大君は、ユタと並ぶ沖縄シャーマンの二大巨頭である ノロ(祝女)の頂点に立つ最も名高い神女として神事を行い、琉球国王と全土を霊的に守護してきた者です。
斎場御嶽を長年に渡り管理していました。

東御廻りは、アマミキヨの一族が住みついたと伝わる知念・玉城の拝所を巡礼する神事です。
斎場御嶽が位置する知念・玉城の地域は、首里城を中心として東方にあることから東御廻りと称しました。


DSCN4445.JPG


沖縄独自の信仰が宿る聖地、斎場御嶽

そして密接に関係する沖縄の象徴、首里城

この二つの地は未来永劫、在り続けるべき場所です。


……先月末に起きた、首里城の火災

焼け落ちてゆく首里城の姿。焼け焦げた首里城の姿。

信じられない光景を目の当たりにして、ただただ愕然とするばかりでした。。

本当に無念です。


やるせない気持ちでいっぱいですが、首里城の再興を切に願っています。



この記事へのコメント