平磯海岸


DSCN9481.JPG


茨城県北ジオパーク構想のジオサイト、平磯海岸

ひたちなか市磯崎~平磯にかけて広がる海岸線では、中生代白亜紀にできたタービダイトの地層を見られます。


DSCN9472.JPG


タービダイトとは、海底土石流によって運ばれてきた土砂や泥が交互に堆積して形成された地層のことです。


DSCN9480.JPG


約8000万年前(白亜紀頃)平磯海岸周辺は、深い海の底にありました。

海底では、れきという直径2mm以上の石ころと水平に堆積され、縞々模様のようなタービダイトの地層が出来上がります。


やがて、地殻変動による衝撃でタービダイトの地層が隆起し、水平だった層が傾いて折れ曲がりながら地表に現れてきます。

そして長い年月をかけて波や風の力によって地層が削られてきたものが、現在の姿であります。


ギザギザになっている理由としては、硬い層は削られにくく、やわらかい層ほど削られやすいという点が挙げられます。

突起した部分礫・砂の層であり、凹んだ部分泥の層ということですね!


DSCN9483.JPG


関東周辺では珍しいと言われている、中生代白亜紀の地層。

荒々しく削られた剥き出しのタービダイトを真近で観察できる絶好のジオスポットです!





この記事へのコメント