屏風ヶ浦


DSCN7862.JPG


Kalafina

far on the water のMVロケ地です。


屏風ヶ浦の地層と広がる海の絶景が印象に残ります。


DSCN7864.JPG


3人の姿と楽曲と場所がよくマッチしていますね。

撮り方も好きです。


特に冒頭のシーンには、強く興味を惹かれます!

同じポイントに立ってみたくなりますよ。。


一度見たら忘れられないMVですね。


DSCN7868.JPG


屏風ヶ浦は、他にもロケ地として多々使用されています。

ここ最近では、ワイモバイルのCMにも出てきましたね。


DSCN6892.JPG


ちなみに、崖下の遊歩道終点の先崖上立ち入り禁止区域ですのでご注意を、、


横浜山手


DSCN7780.JPG


桑田佳祐

ダーリンのMVロケ地です。歌詞にも出てきます。


オシャレな西洋館が立ち並ぶ、横浜の山手エリア

外国人居留地の面影が色濃く残る、異国情緒溢れるスポットですね!

観光地・高級住宅地としても有名です。


DSCN7792.JPG


ダーリンの電話ボックス!!

オシャレ過ぎる。。もちろん、中に入りましたよ。。

感動して終始震えていました。


この他、MVでは中華街や万国橋なども出てきます。


ちょうど今の時期は、ダーリンを聞きながらの横浜巡りが最高ですね!


DSCN7797.JPG


そして、ダーリンの電話ボックスから目と鼻の先にあるのが、こちらの横浜山手聖公会

なんと、GARNET CROWカレンダーの撮影で訪れたロケ地でもあるのです!


……個人的には、一石二鳥の胸熱スポットですよ!!




大阪府立中之島図書館


DSCN7657.JPG


GARNET CROW

君という光 MVロケ地です。


DSCN.JPG


館内、中央ホールとドーム状に広がる天井のステンドグラスが特徴的な図書館ですね。


大阪市役所からほど近い中之島地区に位置し、この建物自体が国の重要文化財に指定されています。

ネオ・バロックという建築様式とのことです。


DSCN7662.JPG


とにかくオシャレ!

歴史も感じますね。。

確かに重要文化財ですよ。細かいところも見所満載です。

さらに、図書館としての機能だけではなく「中之島地区の文化ステーション」的役割も担っていて、カフェや雑貨・文具なども扱っているショップがあります。


DSCN7658.JPG


MVでも効果的に使われていますね!

特に冒頭部分が、、

中央ホールの感じも素敵です、、

楽曲の雰囲気にもよく合っていますよ。


ちなみに、MVのメインで撮られたロケ地は、岸和田にある自泉会館という場所です。

ラ・フォレスタ・ディ・マニフィカ


DSCN7935.JPG


Kalafina

ひかりふる のMVロケ地です。


土浦市の結婚式場ですが、2015年に閉館したので現在は立ち入り出来ません。。

しかし、まだ建物自体は残っているので外観は多少見られます。


DSCN7936.JPG


もったいないですね。

広くて綺麗なチャペルなのに、、

内部も神秘的で別世界な雰囲気ですよ、、


MVでは、一角しか映っていませんが。


DSCN7932.JPG


今後どうするつもりなのでしょうか。


プロポーズ大作戦など有名ドラマのロケ地としても多く利用されているので、なかなか取り壊したり出来ないのでしょうかね。。






砥峰高原


DSCN8294.JPG


GARNET CROW

Misty MysteryMVロケ地です。


砥峰高原西日本有数のススキ群生地で、県立自然公園に指定されているスポットです。

高原一面に広がるススキの姿には圧倒されてしまいます。

MVでも、綺麗で印象深く撮られていますよ!


DSCN8285.JPG


こちらは砥峰高原の保全活動や管理などの拠点施設、とのみね自然交流館です。

メイキングのシーンで出てきますね。。


DSCN8287.JPG

こんなパネルが飾られています!

正直、このパネルを一目見るために来たようなものです。。


DSCN8301.JPG


まぁ、砥峰高原はノルウェイの森大河ドラマのロケ地としての方が有名ですので、ほとんどの方はこちらを目当てに訪れているのでしょうか。


釈迦堂切通し


2008_1228_144510-IMGP0922.JPG


サザンオールスターズ

愛の言霊~Spiritual Message~ の歌詞とMVに登場する釈迦堂切通し



今は崖崩れの恐れがあるため、完全通行止めになってしまいました。

入り口にバリケードが張られています。

釈迦堂切通しはさらに奥へ進んだところにあるので、バリケードの隙間からでも確認はできません……。


いつになったら開通するんだろう。。

もうあの姿を見られないなんて、非常に残念です。


鎌倉七切通しには数えられていませんが、最も代表的な切通しといっても過言ではないですね。


あの弁慶が、とてつもない恐怖にかられ立ちすくんでしまい、前に進むことができなかったといわれる程の何ともいえない空気感を纏ったその姿。

再度、この目で釈迦堂切通しを見られる日を心待ちにしています。