鬼押出し園


IMGP2033.JPG


浅間山北麓ジオパークにおける鬼押出しエリアのジオサイト、鬼押出し園

まるで地獄のコミューンにとばされたかのような、岩塊殺伐としたジオの光景を体感できるスポットです。


IMGP2035.JPG


浅間山観音堂に続く入り口である、惣門・二天尊像を抜けると別世界が広がっています。

園内には遊歩道が整備されているので、一面に広がる圧倒的な鬼押出し溶岩が立ち並ぶ中を周遊していきます。


IMGP2036.JPG


1783年(天明3年)に大噴火した浅間山

当時の資料も残っています。

幾度となく続く爆発と振動の中、大地が鳴り、なお激しく鳴動して浅間山が光った瞬間、真紅の火炎が数百メートルにも吹き上げ火砕流が猛スピードで流れ落ちてきたという、凄まじい噴火でした。

そして、たった数十分で周辺地域を削り、のみ込みながら吾妻川へ落ちていったそうです。。


園内中央に佇む浅間山観音堂は、東叡山寛永寺別院として浅間山噴火の犠牲となられた霊を供養するために建立されました。


IMGP2039.JPG


浅間山北麓ジオパークは、浅間山とともに暮らしてきた嬬恋村吾妻川の南流域長野原町の人々の苦労や火山活動に伴う地域の破壊と再生に関する一連の流れを物語っています。

鬼押出し園では、そんな自然の恐ろしさと美しさの両面を肌で感じることができますね。


IMGP2038.JPG


ちなみに鬼押出しという名称については、浅間山には元来、が住んでいると云われていて、その鬼が噴火をもたらしたとみなされました。そして溶岩が流れ落ちる様=押出しの奇異な現象を目撃した里人たちによって、自然発生的に呼ばれたとのことです。


IMGP2037.JPG


鬼押出しエリアは、噴火の最後に流出した鬼押出し溶岩という表面がゴツゴツした塊状溶岩が流下していった様子が観察できる、世界的にも貴重なスポットです。

噴火当時の里人たちが見たという、押出しの爪跡を垣間見ることができます。。



花貫渓谷


DSCN8033.JPG


茨城県北ジオパーク構想における高萩エリアのジオサイト、花貫渓谷です。

渓谷一帯は、暖温帯(カシ類など)冷温帯(ブナ類など)二つの森林帯が合わさる複雑な自然環境となっていて、それぞれを代表する植物が四季を通して美しい景観を織り成しています。

また、紅葉の名所としても有名です!


DSCN7994.JPG


花貫渓谷は、花崗岩が地下数キロメートルの深さから隆起してきて、長い年月をかけて深く削られながら出来た地形です。

花崗岩の特徴的な白色が広がり、白い渓谷をつくりだしています。


DSCN7989.JPG


駐車場から遊歩道が整備されているので、ゆっくり景観を眺めることが出来ますよ!

特に新緑と紅葉のシーズンには多くの観光客で賑わいをみせています。

中でも花貫渓谷ハイライト汐見滝吊橋の眺望は極めて美しいです。

紅葉フォトスポットとしても広く知られる場所ですね!


DSCN7986.JPG


……高萩市のご当地キャラクター、はぎまろも出迎えてくれます!


DSCN7999.JPG


本格的な紅葉シーズンが始まります。

真っ赤に染まる花貫渓谷汐見滝吊橋の、息を呑む美景を堪能してみてはいかがでしょうか!

ただし、シーズン中は大勢の人で溢れていますので、写真を撮る際には十分気をつけたほうが良いですよ。。



大室山


IMGP1139.JPG


伊豆半島ジオパークにおける東伊豆ジオサイトの代表的スポット、大室山

約4000年前の噴火により出来た、すり鉢状の噴火口お椀を伏せたような姿が特徴的です。


IMGP1138.JPG


伊豆東部火山群と呼ばれる、小さな火山が集まって形成された独立単成火山群の一つで、熊本の阿蘇山と同じコリア丘の火山であります。

スコリアとは、暗色で多孔質の塊状になっている、主に玄武岩質の火山噴出物です。

そしてスコリア砂時計の砂のように積み重なって出来た、円錐台形の山と成したものがスコリア丘ということです。


IMGP1137.JPG


直径約250~300mの噴火口には、アーチェリー場があります。

……なぜか分かりませんが。


そして周囲も一周出来るので、目の前に広がる大パノラマの絶景は必見ですよ!


ちなみに麓から頂上は、スキー場にあるようなリフトで行き来することになるので、リフトからの景色も爽快です!


IMGP1135.JPG


大室山の溶岩が作り出した地形―――。

向こうには伊豆の瞳、一碧湖も見えますね!


行楽の秋が始まります。

伊豆を旅する際は、大室山に訪れてみるのも良いかと思います。