宝珠山 立石寺


IMGP1028.JPG


閑さや 岩にしみ入る 蝉の声


松尾芭蕉「おくのほそ道」ゆかりの地、宝珠山 立石寺


IMGP1012.JPG


山寺とも呼ばれる、山形を代表する寺院です。


開祖は慈覚大師円仁

天台宗の古刹として知られています。


IMGP1017.JPG


山頂に佇む奥之院まで続く1015段の石段は、一歩進むごとに煩悩が消されていくと云われる修行の道であります。

道中には、国の重要文化財「根本中堂」や芭蕉の石碑「せみ塚」・仁王門五大堂など見所も多いです。


IMGP1020.JPG


……そして、この納経堂を望む景色。

……聖地へ辿り着けました。


IMGP1025.JPG


奥之院までの石段は、、、なかなかのものですよ。

しかし、その先には神々しさを感じる景色が待っています。


まさに聖地と呼ぶに相応しい場所ですね!


IMGP1031.JPG


素晴らしいです。。

個人的には雪の山寺が好きですが、もちろん季節ごとに違った表情も見られるので、通年楽しむことができますよ!


IMGP1022.JPG

IMGP1036.JPG


修行の道が続く、宝珠山 立石寺

一段一段、無心になって登り続けた先に待つものとは。。


芭蕉も歩んだ道のり。

自分自身も何かを感じとりに、訪れてみてはいかがでしょうか。




蔵王温泉


IMGP0966.JPG


開湯1900年の歴史的古湯、山形 蔵王温泉

日本武尊 やまとたけるのみこと による蝦夷征伐のための東方遠征に従軍していた、吉備多賀由により発見されました。


遠征の最中で毒矢に当たって負傷していた吉備多賀由が、道中で偶然見つけた綺麗な山桜を観賞しようとして枝を折ってみると、たちまち木の根元から温泉が湧き出てきたそうです。多賀由は、この湯で傷が治るかもしれないと思い、負傷した箇所に温泉を浸してみた所、あっという間に傷が癒えていったという伝説が残っています。

その綺麗な山桜があった場所というのが、現在の蔵王温泉であるということです。

そして、ここから蔵王温泉の歴史が始まりました。


IMGP0963.JPG


……日本全国の歴史ある温泉には、数々の伝説が残されているものですね。

開湯伝説を調べてみるのも、けっこう面白いです。。


そんな長い歴史をもつ蔵王温泉特徴としては、乳白色の強酸性泉が挙げられます。

美肌の湯とも呼ばれていますよ!

また湯量も豊富で、5つの源泉群と47の源泉を擁しています。


もちろん宿泊施設も充実!

特に今の時期は、ウインタースポーツの宿泊客でかなり賑わっていますよ。


IMGP0978.JPG


そして蔵王といえば、やはり樹氷ですね!


現在、蔵王樹氷まつり2020が開催中です。

たくさんのスノーモンスターたちに会いにいきましょう!


IMGP0989.JPG


樹氷観賞やウインタースポーツの後は、蔵王温泉でゆったり! ですね。


心も身体も温まる、真冬の温泉こそ至高ですよ。。

雪見露天がたまらなく好きです。。






蔵王 樹氷


IMGP0989.JPG


今の時期蔵王といったら、樹氷ですね。

一度は見てみたい景色として、テレビや雑誌などではよく特集されています。


気が遠くなるほどの寒さですが。。


IMGP0968.JPG


地蔵山の麓から蔵王ロープウェイで頂上まで登っていきます。

眼下には白銀の樹氷が煌いておりますよ。


そして頂上の地蔵山頂駅は普通に凍りついています、、


IMGP0978.JPG


思考停止の中で何とかあたりを見回してみると、そこには数知れないスノーモンスター達が。。

行く手を阻まれ、囲まれてしまいます。。


IMGP0976.JPG


しかし、綺麗ですね!

大自然がつくりだす芸術品ですよ、、


感動ものです!

ありえない寒さですが、、


IMGP0991.JPG


こちらは樹氷高原駅からの様子です。

なるほど、山頂にむかって徐々にスノーモンスターが増殖していくのですね。。


また、夜はライトアップされているので、より幻想的な樹氷の世界へ入り込むことができますよ!


ちなみに、スキー・スノボでも滑走できるそうです。

樹氷の間を滑り降りていく、最高のコースですね。


一度は見たい、蔵王の樹氷。

訪れる際はしっかり防寒をして、たくさんのスノーモンスター達に会いに行きましょう!





肘折温泉 湯宿 元河原湯


IMGP0999.JPG


日本随一の豪雪地帯で知られる、肘折温泉

湯宿 元河原湯は、囲炉裏と源泉100%かけ流しが魅力的な日本秘湯を守る会会員の宿であります!


IMGP0997.JPG


肘折温泉郷の数ある宿の中でも人気が高いですね。。

館内は、とにかく過ごしやすいです!


ロビーには囲炉裏があり、その傍らには栃の井という美味しい山水が注いでいます。。

部屋もまた良いんですよ。。

季節感を重視した食事も最高です。。


もう、まったりと過ごせます!


IMGP1000.JPG


一歩外に出たら雪で溢れていますが、、


周辺は見所も多々ありますよ!

しかし、今の時期は雪が半端ないのでなかなか散歩に行く気力が出てこないですね。。


館内に籠もって温泉三昧がやはり一番良い過ごし方です。


IMGP1003.JPG


肘折という名の由来は、肘を折った老僧がこの地のお湯に浸かったところ、たちまち傷が癒えていったという説から付けられました。

鉄分と炭酸が多く含まれた湯は、体中に深く沁み渡っていきます。

湯上り後もポカポカ、、

細胞も喜んでいますよ、、


開湯1200年以上を誇る昔ながらの湯治場豪雪の肘折温泉郷で冬籠もりしてみてはいかかでしょうか!